<< 嵐を超えて あなたのもとへ 春のともしびは 仄かに灯る >>