<< 夏の証 北の国に思いを馳せて >>