<< 甘い香りがあなたに触れて さみしさを映す紫の花 >>

金木犀の降る朝に

f0147895_23141574.jpg

by shilky07 | 2008-10-09 23:14 | 植物 | Comments(8)
Commented by お花 大好き子 at 2008-10-10 06:08 x
う~~ん もう絶賛です! まさに切り取られた感動 
なんと表現力のある方「感動」と「感心」の文字が交差します
通り過ぎることの多い世の中です 人・コト・モノ
一瞬も一輪も そしてもちろん一人の存在をも慈しみたいそんな秋です
Commented by spoon at 2008-10-10 14:44 x
こんにちわ~

いいタイトルですね~。。。
キンモクセイももう終わりですか。

どんどん秋が深まってゆきますね。
ちょっと寂しい気がします・・・。
Commented by shilky07 at 2008-10-10 22:28
お花 大好き子 さん、いつもコメントありがとうございます。
この金木犀は、少し早く咲いたのでしょう。
前の日の雨で、花を落してしまいました。
それでもあたりに甘い香りを振りまいて
「私を見てね」と、言っているようでしたよ(笑)
うれしいコメント、ありがとうございます。
Commented by shilky07 at 2008-10-10 22:30
spoon さん、コメントありがとうございます。
金木犀は、花期がそれほど長くないので
お別れは、早いですね。
秋がだんだん深まって
葉も色づいてきました。
Commented by お花 大好き子 at 2008-10-10 23:53 x
今日は一日 考えていました 金木犀は散りやすく見慣れた
風景なのに どうして私の心を揺さぶったのか・・・と
写真のことは全然わからない私ですが 一つは金木犀が水分を
含んでいて散り花にしては綺麗だったこと
そして手前の葉っぱが枯葉に対して 向こうの葉っぱが緑のため
枯葉=過去 緑葉=現在 で時間の距離感に生と死を感じ
金木犀の生き様を見たようでした
どうやら私のコメントはピントはズレているようですが・・・
Commented by shilky07 at 2008-10-11 01:28
お花 大好き子 さん、コメントありがとうございます。
うーん、私は上手に答えを出せませんが
この写真のアイデアは過去にあります(笑)
「切り株」の2006年9月29日、「晴れ時々」というタイトルで
同じように金木犀を載せています。

最近は写真を撮るときには、
タイトルや言葉を考えずに撮っています。
撮った写真を見てあとから言葉をつけるようにしています。
お花 大好き子さんのコメントを拝見して
「なるほど」と、思ってしまいました(笑)
すみません・・・
Commented by sakura6012 at 2008-10-12 08:01
落ちた金木犀の花
目線が素敵!タイトルが生きてます。

勉強になります。
歩くと金木犀の香りが、あちこちから漂って来る季節ですね。

Commented by shilky07 at 2008-10-12 21:21
桜 さん、コメントありがとうございます。
金木犀は、落ちてからもきれいですし、
良い香りを振りまいてくれます。
やさしい言葉、うれしいです。
<< 甘い香りがあなたに触れて さみしさを映す紫の花 >>