<< 夕顔は、静かに黄昏を待つ 風を感じて >>