<< 静かなまなざしの光 冬色があふれだす >>