<< もう少し、一緒にいてください 光に向かって >>