<< 春を紡ぐパッチワーク 浅き春の眩き衣 >>

輝きを 香りに変える女神

f0147895_23401627.jpg

by shilky07 | 2010-03-16 00:05 | 植物 | Comments(2)
Commented by granma at 2010-03-16 09:30 x
白い沈丁花、春の陽射しできらきらと輝くのですよね。
今頃になってどのお写真も光を上手に使っていらっしゃることに気づきました。
一時期撮る時に気にしていてたのに最近すっかり忘れていました、これから光を意識するよう心がけようと思います。
Commented by shilky07 at 2010-03-16 23:01
granma さん、コメントありがとうございます。

花の表面をよく見ると、キラキラしたものが見えます。
この写真もオリジナルではよくわかったのですが・・・
沈丁花の甘い香りは
まるでそのキラキラが飛んでいったような
そんな気がします。
学名に女神を意味する ダフネという名前があるそうですよ。

花を撮るときは、逆光が多いですね。
小さい花を撮るときは、光と影が混ざり込んでいるところを
探します(笑)
<< 春を紡ぐパッチワーク 浅き春の眩き衣 >>